準硬式野球

大学準硬式野球のご紹介

全日本大学準硬式野球連盟
前副会長 倉 知 輝 雄
 現在全国の大学で「準硬式野球」を楽しむ学生が急激に増えています。全日本大学準硬式野球連盟に登録 されている選手数(マネジャーを含む)を見てみると、H12年末の7,000名からH20年末の9,068名と毎年増加し、現在増加率30%に達していま す。しかしまだまだ学生諸君の中には「準硬式野球って何なの?」と知らない方が大勢いらっしゃいますので、大学に於けるこの野球の意義や楽しみ方をご説明 します。
[Ⅰ] 準硬式野球とは
(1) ボール
準硬式野球で使用するボールは、規格の直径、重量、反発力に合わせコルクの粉末と樹脂を適度に混ぜ合わせた 芯に糸を巻き付け(接着しやすくして)表面を天然ゴムで覆ったもので作られていますので、丁度硬式ボール(準硬式ボールとほぼ同じ芯を牛皮で覆ったもの) と軟式ボール(芯はなく中空で表面のゴムの模様が準硬式ボールと同じもの)の中間的存在です。打球音は「カーン」という硬式ボールと同じで、バットスウィ ングのスピードと力に比例して打球が強くなるので、硬式野球と同じ楽しみ方を味わえます。
但し、表面がゴムで若干柔らかいので安全性が高いのですが、硬式ボールに比べ、摩擦抵抗が大きいので内野ゴロと外野フライが若干失速しやすい傾向にあります。ちなみに準硬式ボール(軟式H号ボール)の規格は下記の通りです。
直径:71.5-72.5cm  重量:141.2-144.8g  反発力:50.0-70.0cm
(反発力は150cmの高さから大理石板に落とし、跳ね返り高さを測定したもの)
(2) バット
使用するバットは硬式用で、木製(大学硬式で使用)でも金属製(高校硬式で使用)でもよいのですが、殆どの選手は打球が強く有利な金属製(規格:900gr以上)を使っています。
(3) その他の用具
グローブ、ミット、両耳ヘルメット、捕手の使用するマスク、プロテクター等その他全ての用具は硬式用のものを使用します。
(4) 施設(野球場)
球場は全て硬式用のものを使い、軟式用のものは利用できません。
(5) ルール
適用する野球規則は基本的には毎年発行される「公認野球規則」です。
しかし付則については大学準硬式連盟が(財)全日本軟式野球連盟(全軟連)の傘下であることから、一部軟式のものを準用しますが、殆どは硬式と同じです。
[Ⅱ] 大学準硬式野球の歴史
昨年創立60周年を迎えた大学準硬式野球連盟の歴史は次の3つの時代に分けることが出来ます。
(1) (旧)「全日本大学軟式野球連盟」時代 (1949年–1991年)
連盟が発足した当時(1949年)は現在の軟式ボールがリーグ戦でも使われていたので、その年の12月に行われた第1回選手権大会(明石市–同志社大が優勝)は軟式ボールで行われました。
一方現在使われている準硬式ボール(軟式H号ボール)の前身である「トップボール」(開発した内外ゴムの商品名)が大学で正式に使われ出したのはその翌年 (1950年)からで、従って第2回大会(飯田市–慶應義塾大学が優勝)から準硬式ボールで選手権が争われることとなりました。
その後の42年間、大学では軟式野球の公式戦に全て準硬式ボールが使われる事となったので、当時は大学軟式野球=準硬式野球でした。
この間、高校、社会人の間でも一部準硬式野球が普及し、1960年代前半までは国体の競技種目となっていましたが、施設、用具等が全て硬式と同じという制 約から手軽さの点で問題があり徐々にチーム数が減少していきました。現在では東京地区の社会人野球の一部と大阪地区の中学野球の一部でリーグ戦やトーナメ ント戦が行われています。
一方、大学に於いてはこれとは反対に準硬式野球が益々発展・普及して行きました。その理由は後述する「当連盟運営の基本方針」にあるように、
・徹底したアマチュアリズムの追求
・学業とスポーツの両立
・準硬式野球を愛する全ての選手間の友好促進
の精神が、練習量の多い「野球漬け」はいやだが、本格的な野球を楽しみながら社会人としても成長したいという多くの大学生諸君に支持されてきたからです。
(2) 「全日本大学軟式野球連盟:準硬式の部」時代 (1992年–1999年)
一方、この時代に入る10年位前から大学に於いて軟式ボールによるチームが各地に生まれ、「全日本学生軟式野球連盟」が結成されていまし たが、1992年に全軟連の指導で、準硬式ボールを使用する(旧)「全日本大学軟式野球連盟」と軟式ボールを使用する「全日本学生軟式野球連盟」が合体し て「全日本大学軟式野球連盟:準硬式の部」と「–:軟式の部」になりました。
この間、「準硬式の部」は全国のチームが一致団結して全日本連盟を育ててきましたが、「軟式の部」の方は内部の意思統一が出来ず、紆余曲折がありました が、結局現在に至るまで約30%のチームが再度「全日本学生軟式野球連盟」を組織し、全軟連の元を離れ独自に活動しています。
(3) 「全日本大学準硬式野球連盟」時代 (2000年–現在)
2000年からは「準硬式の部」と「軟式の部」がそれぞれ独自に連盟を結成し、「全日本大学準硬式野球連盟」と(新)「全日本大学軟式野 球連盟」が誕生しました。そして両連盟の緩やかな結合を目指す上部団体「全日本大学軟式野球協会」が全軟連の直接の傘下団体となりました。この時代の10年間は当連盟にとってはまさに改革の時代で、古き良きものはそのまま残し、時代にそぐわないものは徹底的に合理化・改革してきました。その 結果、多くの学生諸君からの賛同を得て、この8年間で登録選手数を7000名から9068名と30%増加させることが出来ました。この改革の具体的内容は 当連盟機関誌「OUT&SAFE」60周年記念号(2008年)に記載されています。
又、上記3世代を通じて連盟内部の細かい動きは、このホームページからもリンクできる「Wikipedia–全日本軟式野球連盟」に詳しく述べられています。
[Ⅲ] 大学準硬式野球連盟の運営
(1) 基本方針
大学準硬式野球の目指すものはあくまでも「アマチュアスポーツの精神に則り学業との両立を目指す」ことです。
アマチュアスポーツの精神とは「営利にとらわれず、純粋にスポーツを楽しむこと」です。従って世に言う「野球漬け」は避け、各地区のリーグ戦や全国大会に 於いても学業の妨げにならぬよう極力配慮して運営されています。この結果、各大学に於いても準硬式野球部員は、健康で健全な精神をもった学力の充実した人 材として、卒業後も広く社会に受け入れられ多方面で活躍しています。
一方、選手の技量についてはかなりの幅があり、現在広島カープの青木投手(同志社大OB)や西武ライオンズの山本投手(関西学院大OB)のように選手権大 会優勝投手となってプロを目指すレベルから草野球レベルまで広範にわたっています。本連盟はこれら野球を愛する全ての選手諸君に対応できるよう、毎年チャ ンピオンシップを競う「全日本大学準硬式野球選手権大会」の開催以外に、アマチュア精神とマナーの向上を目指す「清瀬杯全日本大学選抜準硬式野球大会」や 技能の向上と選手間の親睦を目指すため各地区のオールスターチームによる「全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会」を開催しています。これらの大会の開 催により、当連盟は同時代を共有した各大学の選手諸君が社会に出てからも更に友好を深め、お互い助け合って挫折することなく人生を豊かなものにして貰いた いと願っています。
又、当連盟は学生諸君の経済的負担を極力軽減するため、徹底的な合理化のもと、費用のかからない連盟運営に心がけています。
(2) 組 織
当連盟の組織は下図のようになっています。
組織図